inunohoshi キーワード
ORANGE DAYS、新撰組、幕末、侍、鋼の錬金術師、K1、映画、旅行、柴咲コウ、小西真奈美、内田有紀、水川あさみ、大塚寧々、妻夫木聡、Canada、カントリー、NARUTO、るろうに剣心、長谷川遙、ハヤテのごとく!、桂ヒナギク
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
DVD 涙そうそう 
from よしなしごと
ブラザーズ・グリム:映画
from ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
嘘をもうひとつだけ(東野..
from 活字中毒のブックレビュー
ガンジス河でバタフライ ..
from 最新キーワードの情報収集・動..
ガンジス河
from 朝日ネット
長澤まさみ ガンジス河
from 芸能エンタの神様
ガンジス河
from 格安海外旅行
長澤まさみ×宮藤官九郎「..
from 地方の中規模印刷会社で苦悩す..
ボラット
from 辛口だけれど映画が好きです
レディインザウォーター
from 独断と偏見的映画感想
NARUTO 巻三十八


新術発動ッ!! 四代目火影でさえ、成し得なかったナルトの風遁・螺旋手裏剣が角都を打ち砕く…! 一方、大蛇丸を襲うサスケ。生死をかけた師弟の戦いは非情さを増し…。果たしてサスケの中に残るのは――!?

☆☆☆

買っておいたけど、読めていなかったのだけど、やっと読めました。
ナルト新術が完成したんだね~でもちょっと弱点とかありすぎじゃない?ちょっと完成度が低いっていう気がしますな。
ちょっと最近情けなかったカカシが、前巻と今回でちょっとかっこいい部分をリカバリしてるかな。でもサクラに「今回は入院しないんだ」みたいな突っ込みいれられちゃって。かなしい。。カカシ、がんばれ。
一応カカシも修行したんだよね、世代交代なんていわないでがんばってくれ~。
木の葉丸のお色気忍術、えらい進化を遂げてます(笑)
ていうか、サクラはそういう趣味なのか。。。なんか壊れ気味だ。
しかし、サスケあれつよすぎだなぁ(笑)
もう3忍の強さが分からなくなってきた。基準がおかしい。このレベル破壊ってドラゴンボール並み?(笑)
[PR]
# by inunohoshi | 2007-06-24 21:00 | 読書
化粧師


化粧師

椎名桔平 、菅野美穂 、池脇千鶴 、佐野史郎 、柴田理恵 、柴咲コウ
☆☆☆
かなり豪華な顔ぶれ。
柴咲コウが出ていたとは知りませんでしたけど。なかなか印象的でした。
大正時代の日本って日本情緒が強く残る中に、西洋が混ざって不思議な感じですよね。浪漫ある感じで、好きです。
女の人に化粧をすることによって、顔がきれいになるだけじゃなく、やけどの痕を消してきれいになって幸せな気持ちで花嫁さんになれたり、化粧をすることで、自分の内面の醜さに気付く母親だったり。
勝負に挑むとき、女性は念入りに化粧したりしますけど、やはりそういう気持ちとのリンクってあると思うんですよね。
そういう女性にパワーを与えるような、不思議な佇まいの化粧師の雰囲気を桔平さんがうまく表現していました。
秘密については結構はじめのほうで分かってしまうんですけど、鏡越しのコンタクトとか、色んなところで、細かに演出されているなと感じました。
また、日本の田んぼの緑とか、化粧道具とか、和傘を上からとらえた構図とか、とても色彩の美しい映画です。
日本的なものの美しさが際立っていて、よかった。海外にも見せたいような作品ですよ。
[PR]
# by inunohoshi | 2007-06-11 01:14 | 映画
息子はマのつく自由業!?

息子はマのつく自由業!?
高校生にして職業魔王、実は野球小僧なおばかな少年??の物語、「マ王」シリーズ12作目。にして外伝。
「円満だけど何となくズレてる渋谷家+αの、封印された過去を大暴露!?毎度おなじみマル・マシリーズにマル秘ストーリー堂々登場。 」
地球のアメリカ、ユーリが生まれたころのお話。
ユーリかわいすぎ。女装させられたり、コンラッドに抱きしめられたり(まあ、意味は違うけど)まあまあ、世の腐女子ちゃんたちの心を痛いほどくすぐる感じですかね。
個人的にはボブも気になります。実際いくつなんだこの人(笑)
しかしジェニファーは本当に強烈なキャラですな、あんな親から生まれてよく真っ直ぐ育ったなぁ(笑)<勝利のおかげかもしれないな。
しかし…マ王好きな人は、3歳児なのに究極おばかちんな愛らしいユーリを堪能してください。(笑)
[PR]
# by inunohoshi | 2007-05-26 03:54 | 読書
ボラット (試写会)
これはアメリカ文化に対する痛烈な風刺だけど、アメリカの風土というか、カルチャーが分かっていないと、本当の意味では楽しめない。
そういう意味では、「バカには理解不能なバカ」というコピーがものすごく的を得てるんだよね。
例えばユダヤ人を徹底的に悪みたいに描いているけど、実は主役を演じているコメディアンが、サシャ・バロン・コーエンという名前で、
その名前=「なんだ、ユダヤ人なのね」とか。
アメリカ南部のガチガチの階級社会とか、テキサスのロデオなんかに参加している人たちの異常な愛国心とか、NYのフェミニストの団体とか(ブルブル)
ホモフォビア、フェミニスト、人種差別、弱者への差別。すべてを皮肉ってるの。
アメリカの中でも極端なカルチャーの人たちを選んで、一番過激な嫌がらせをやっている、というあたりが、「言いたくてもいえない!」を代弁しているというか。
確かに本当に下品でバカなんだけど、その底に潜む、非常に巧妙でクレバーな風刺って言うあたりが、イングリッシュコメディの真髄って言う感じで。
色々なレビューに気分が悪いという言葉も出てくるとおり、下劣で、思わず目をそらしたくなる場面もしばしば。
その中に潜む針みたいな鋭さを見つけられる人は、かなり笑えて、おかしいと思うよ。
笑っちゃう自分に複雑な気持ちになったりはするけど(苦笑)、単に下品なだけではゴールデン・グローブ賞はとれないって。
あ…ちなみにパメラアンダーソンはカナダ人なんでw(まあ単細胞アメリカンの象徴みたいに見られてるんで(実物がそうではないかもだけど)、適役っちゃそうなんだども。。。)
[PR]
# by inunohoshi | 2007-05-20 03:18 | 映画
めざせマのつく海の果て


めざせマのつく海の果て!
シリーズ本編。
新たな美少年出てくるわ、ユーリに彼女が?ギュンターが2枚目?!だわってことで、なかなか見所満載。
この美少年がきれいな顔してどうもあやすぃっていうか、まあ、なんだ。
マ王殿が甘すぎるっていう話もあるんだけど。
しかし、ユーリも大分成長したなぁ。ヴォルフラムもだけど。
女子が喜びそうな展開満載なので、続きが楽しみ。
<この間古書でまとめ買いしたんでしばらくはマにどっぷりかな。
[PR]
# by inunohoshi | 2007-05-20 03:12 | 読書
マ王:お嬢様とは仮の姿

お嬢様とは仮の姿!
内容(「BOOK」データベースより)
お嬢様とは仮の姿、エイプリル・グレイブスが祖母から受け継いだ裏稼業は、誇り高きトレジャーハンター。相棒と共に依頼をこなすうち、亡き祖母が守り続けた禁忌の箱にたどりつく。だがそこに箱の“鍵”の持ち主と名乗る将校が現れて…?この世には、触れてはならぬ物が四つある。「風の終わり」「地の果て」「凍土の劫火」そして「鏡の水底」。マルマシリーズの謎が明らかに!?秘密のストーリー登場。

第1次~2次の大戦のころって、色々な浪漫があって、物語にもってこいなんですね。
インディジョーンズとか、ハムナプトラとか、世界にまだ未開の地があり、冒険がリアルだった時代っていう気がします。
今回は魔王は出てきません。昔の話なんで、ある意味あの面子が出てこないのが新鮮ですね。
でも、約一名怪しい人がいますが(笑)
これ、あの人じゃないんですか?という。あとこの人はあの人とどう繋がってるのかなあとか、箱の秘密、色々楽しめる内容になってて、シリーズでもなかなかお勧めかも。
作者のちょっとマンネリ化していたかもしれない?原作からちょっと離れて。新鮮。
楽しい。
[PR]
# by inunohoshi | 2007-05-14 01:21 | 読書
嘘をもうひとつだけ 東野圭吾


嘘をもうひとつだけ

ミステリーはよく読むけど、この東野圭吾の作品は普通のミステリーとはいつも一味、ふた味違いますね。
この「嘘をもうひとつ」は短編集で、練馬警察の加賀刑事のかかわるオムニバスなんですけど、この作品中では、犯人視点で描かれているというのが、すごい珍しい。
犯人には大体いろんな事情があって、やむにやまれぬ悲しい事情があるんですが、この加賀刑事というのがとにかく粘着質で、本当にいやらしい。
刑事側視点から描けば、優秀な男なんでしょうけど、犯人視点で読み進めると、この加賀っておとこが本当にむかつくというか、気持ち悪いというか、ほんっとに嫌な男です。(笑)
頼まれていないのに捜査してんじゃないよ、とか。プライバシーの侵害で上司に訴えてやるぅ!とか。イライラします。(笑)
そういう気持ちにさせるっていうことが、この東野圭吾という作者のすごいところだなと思います。
[PR]
# by inunohoshi | 2007-05-09 01:43 | 読書
花よりもなほ

花よりもなほ 通常版

人情かあだ討ちか。江戸のほのぼの人情噺。
主演は岡田准一。宮川りえ、古田新太 、浅野忠信 、香川照之 、國村隼 など、脇を固める俳優陣がなかなかによい感じ。
時は五代将軍綱吉で、悪政にあえぐ庶民の風刺もきいていて、面白い。
物語は比較的単調に進んでいくのですが、貧乏長屋の暮らしがほほえましく生き生きと描かれていて、心地よい感じ。
主演の岡田くんは、立派な侍なのに、ボロ長屋で違和感なく暮らしていくのが、逆にちょっとした違和感があるかもしれません。。。
剣よりもペンならぬ、筆や書物を愛する穏やかな青年侍は彼に会ってるように思いました。
でも彼の髪型はどうにかならないかと…違和感を覚えました、ちょんまげ、嫌だったんでしょうかね…。
[PR]
# by inunohoshi | 2007-05-08 01:57 | 映画
秒速5センチメートル
新海誠監督という名前は聞いたことがあったが、果たしてどういう人なのか、正直私はよく知らない。
だけど、GYAOで予告編を見て、ものすごく惹かれた。
アニメ映画なんだけど、ファンタジーとか、なんか特別な非現実世界の作り物ではなく、日常的な生活の中の気持ち(恋)を描いたラブストーリー。
なんか、学生時代とか、きっと誰もが経験しているような、帰り道で一緒に歩くだけで、待ち伏せして、どきどきする様なそんな気恥ずかしいような、切ないような、懐かしい気持ちを、とてもキレイな映像で描いている。
舞い散る桜や、雪、揺れる木々、星空がすごくすごくキレイ。
そして主人公達のそんな気持ちが3つのオムニバスを通して描かれる中で、流れる山崎まさよしの歌がまたいい!
アニメとか興味なくても、是非見て欲しいな~ちょっときっと感動しちゃう。
おいらも映画はたくさん見るけど、出口に向かいながら、もう一回見たいと思ったことなんて、そうないよ。
今ももう一度みたい。。
[PR]
# by inunohoshi | 2007-04-16 02:15 | 映画
墨攻
中国の戦国時代を描いた漫画の映画化。敵に囲まれた小さな梁の国に、助けの要請に応じて戦闘集団「墨家」男性が現れ、たった一人で10万の敵を撃退する物語。
心優しくて、戦略にも長けた優秀な男に民衆の心も惹かれて、ひとつになることにより、多くの敵を撃退するんだけど、主人公を演じるアンディラウがすっごく魅力的で、民衆の心をまとめる演技にリアリティを与えていた。
相手の将軍を演じたアン・ソンギもよかったね。
さすが中国っていう感じのスケール感も感じられて、見ごたえがあった。
戦争の映画なんだけど、静かに進んでいく、人物同士の気持ちや思惑のやり取りがいい人間ドラマっていう感じで。
最後は悲しい結末で、切ない感じだけど、変にハッピーエンドになるよりはリアリティかなと思ってみたり。悲惨という感じでもないかなと。
映画の背景になっている歴史というか、国と国との関係性とか、そういうあたり、原作を読んでみないと分からないのかなと思った。漫喫いくか?(笑)

余談だけど、中国語の台詞で字幕でさ、字幕を読むのと画面の出演者の表情を見るの、すごく面倒くさかった(-_-;)。。。英語の映画ではそういうこと感じたことがないからさ、なんかすごく。。。もったいない感じ。すごく大事なところ見逃しているみたいで。
[PR]
# by inunohoshi | 2007-03-05 02:04 | 映画
トップ

Do you have a pride?
by inunohoshi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧