inunohoshi キーワード
ORANGE DAYS、新撰組、幕末、侍、鋼の錬金術師、K1、映画、旅行、柴咲コウ、小西真奈美、内田有紀、水川あさみ、大塚寧々、妻夫木聡、Canada、カントリー、NARUTO、るろうに剣心、長谷川遙、ハヤテのごとく!、桂ヒナギク
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
DVD 涙そうそう 
from よしなしごと
ブラザーズ・グリム:映画
from ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
嘘をもうひとつだけ(東野..
from 活字中毒のブックレビュー
ガンジス河でバタフライ ..
from 最新キーワードの情報収集・動..
ガンジス河
from 朝日ネット
長澤まさみ ガンジス河
from 芸能エンタの神様
ガンジス河
from 格安海外旅行
長澤まさみ×宮藤官九郎「..
from 地方の中規模印刷会社で苦悩す..
ボラット
from 辛口だけれど映画が好きです
レディインザウォーター
from 独断と偏見的映画感想
<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
トゥモローワールド
子供が生まれなくなった近未来。人々は民族紛争に明け暮れ、ダークな世の中。
ハリーポッターのアルフォンソ・キュアロン監督って言うことで、もうちょっとファンタジーチックな映像を想像して行ったんだけど、全然違ってた。私の監督イメージが間違っていたらしい。

しかし、暗いなぁ。。
イギリス人らしいシニカルな未来観なのかしら。。。ヒッピーと、人種差別反対運動家、反体制運動家が寄り集まって作った映画。。。一言で言うと、そんな感じ。
外国人に対するあの差別というか、排除感は、イギリスとかフランスならではっていうイメージを受けた。
日本人では共感しにくいんじゃないかな。。。感情移入しにくいと思う。
結局どうして子供をつれて逃げなくちゃいけないのか、助ける人たちがいったい誰なのか、最後までよく分からずじまいだったよ。私には。
なんだか、ちっともわからん。
戦争とか民族紛争だとかの悲惨さは伝わってきたけど、SoWhat?って感じの映画で。
エンターテイメントを映画に求める私とは肌が合わない感じ。ザンネン。
むしろ戦争。。。っつか民族紛争映画だよ、こりゃ。
[PR]
by inunohoshi | 2006-11-26 02:52 | 映画
【応募】かなり奇抜(笑)「宇宙ドラマ 宇宙船ポーキル」
かなり受けるし(笑)
近未来の設定で、「地球滅亡の危機。人類は地球そっくりな、惑星を発見したる。地球連邦は「ポリゴーン」と名づけられたその惑星への移住を計画し、探検隊を派遣することにした。しかし、第1次探検隊は、謎のメッセージとともに、消息をたってしまった。 「なんてやわらかいんだ!」」
その探索隊が派遣されるんですけど、これがもうなんともへんてこで、笑える。
続きの展開は、視聴者のコメントで決まるらしく、昔よくはやった?続き作文みたいな、はちゃめちゃになりそうっていうか、どう転ぶか予測不能。
あらかじめ制作されたオリジナルストーリーと、視聴者からのものが、毎週交互に配信されるらしい。
プロローグがサイトで公開中なんだけど、かなり笑える。↓

http://broadband.biglobe.ne.jp/sp_prg_info/index_porkil.html

ここから次のストーリーも応募できるらしいんで、応募してみようかなぁ、でも見るだけでもかなり面白そう。なんかシュールな感じ?(笑)
寄せられたコメント見てても笑える。最後に「は、鼻が!」みたいな感じで終わるんだけど、やっぱ私としては、鼻の中だろうなぁ。。。もしくは鼻をよけたら、耳が!みたいな。で、耳の中に突入していくと。三半規管とかあってぐるぐる進んでいってついたところに。。。

ちょっと今後RSSしつつ、チェックしなくちゃ(笑)
今までにないタイプのネットドラマじゃない?ていうか、タイトルからしてなんか笑える雰囲気が。。。(爆)
[PR]
by inunohoshi | 2006-11-22 02:39 | ドラマ
Chaos
ジェイソンステイサム主演のアクションサスペンス。
トランスポーター以来、彼のファンの私としては、ぜひ見たかったんだけど、日本ではいまいちの知名度のためか、今回の作品は単館上映、悩んだ挙句に行って大正解!!
めちゃ面白い。
トランスポーターほどのアクションはないけど、それでも、テンポもいいし、物語の展開も面白い。最後もあっと言わせるエンディング。
あまり映画についての先入観というか、予備知識なくみたから、それがよかったのかも。途中までなかなかいい映画じゃないの?って思ってたけど、最後の最後でにやりとして満点をあげたくなった。にやりって感じ。
「一見すると、混沌とした事象が実はシンプルな線でつながっている」というカオス理論をベースにした知能犯と刑事の攻防なんだけど、カオス理論が出てくる時点でただのアクションではないと思うけど、事件が起こるにあたってのいろんな伏線や背景など、複雑に張り巡らされた糸がするすると解けて、一本につながっていく辺りが、なんともスマートで面白い♪
こういうサスペンスものの主演って、だいたいワイルド系のちょっと汗臭さを感じるようなアクターが多いけど、今回は「Cruel Intentions 」のライアンフィリップ。プレップっぽいブルーアイドな正統派2枚目の刑事ってのもたまにはいいんじゃない?もう一人の主役ステイサムは相変わらず超かっこいいし、男の人だけじゃなく、ぜひ女性にも見てほしい!!
(余談ですが、ライアンはこの秋、「父親達の星条旗」にも出てたけど、ベビーフェイスにだまされて(笑)たけど、結構30過ぎで2児のパパだったりするんだね(笑)今後注目。ライアン。)
とにかく、これは単館にしておくのは惜しいようないい映画。
これ見ている映画好きのあなたには是非見逃さないで見てくださいと。銀座まで足を運んでね。。っていうか地方の人は見れないのかな、ザンネン~。
[PR]
by inunohoshi | 2006-11-20 02:08 | 映画
デスノート
夏に公開された大ヒットJUMPコミックの映画化。
名前を書くことで、人を殺すことが出来るデスノートを使い、社会に悪をなす在任を殺していくキラ。若者達から神のように崇められはじめたキラと、その犯罪をそしすべく対決する探偵L(エル)
今作ではもう一人の第2のキラが登場し、エルと対決していくことになる。。
私は原作を全部読んだことがないんだけど、原作とは違った結末になっているらしい。確かにこういう作品は結末がわかってしまったら、見る気がうせちゃうもんね。
でも、キラが勝つかエルが勝つのかっていうところは、最後までわからない雰囲気が漂ってる。
原作コミックスをチラッと読んだときは、推理がややこしくて、それを読み下すのが、ちょっと疲れて、めんどくさかったんだけど、映像化されると、その辺りがわかりやすくので、エンターテイメントとして成り立っているよね。
松山ケンイチが気持ち悪くて(笑)エルがすごくよかったね。お金かかってんのかなぁ、どうかなぁっていうかんじで、TV製作会社がつくりました~っていう感じの映画だけど、主役の藤原竜也と松山ケンイチの2人の演技と、ストーリーの面白さで救われている感じかねえ。。。
キラのような殺しの能力があって、法律だけで裁けない犯罪を、死という制裁で裁くという行為について、賛否両論あると思うけど、犯罪者とはっきりしている人を殺すことに対しては同情を引く余地があるというか、分かる気もしなくないんだけど、その圧倒的な力、その力の恐ろしさというか、一歩間違えると無差別殺人になりかねないというところが怖いね。
そこに私情が入ってしまうことはすごく恐ろしいことだと思う。
でも、実際にそれで人を殺せるとして、それで犯罪を立証できるかな。。。ノートに名前を書いただけで、殺人罪を立証できるのか。それが…疑問だったりする。
見終わった後そういうことを考える映画。
[PR]
by inunohoshi | 2006-11-12 23:33 | 映画
おでんの具 餅巾着VS大根
これ悩むなぁ。。。どっちも食べたい。
ていうか、大根入ってないとおでんじゃなくない?っていうくらい大根は重要だよなぁ。
でも餅巾着も捨てがたい。。あのアゲの部分が汁を吸ってぜつみょーーーにいい具合でさあ。。ああ、、想像してたら夜中なのにおなかすきそうだ。
うーん。。。うーん。。。でも。餅きんちゃくで。
だって、あれって他の料理じゃあ食べられないし。
[PR]
by inunohoshi | 2006-11-12 04:17 | 日々のつぶやき
父親達の星条旗
クリントイーストウッドが第二次世界大戦末期の硫黄島決戦を描いた2部作の一作目。アメリカサイドから見た硫黄島の戦いについて。
正直、この映画を見るかどうか、最後まで悩んでいたんだよね。。
個人的にイーストウッドが好きでないのと、アメリカの戦争映画、またかよ。。っていう気持ちがあったので。
アメリカISグレート、っていうスタンスの映画を見せ付けられるのはもうウンザリだし、戦争で人がたくさん死ぬところなんて、映画で見たいものじゃないなぁって。。。
だけど、日米の大戦という意味が強い太平洋戦線で、アメリカが日本に対してどういう見方をしていたのか。。。気になるし、アメリカと日本からの視点でということでアメリカ人がどう表現できるのかという点を、比べてみたかったので、見てきた。
見た感想はというと、一言で言うと。。。オリバーストーン?(笑)って感じかなぁ。
戦場にいる自分や友人、死んでいく戦友たちとアメリカで繰り広げられる、ある意味異様とも取れる馬鹿騒ぎ。国債を売るためのキャンペーンとお祭り騒ぎ。
そのギャップと罪悪感で揺れる青年達の心は確かにドラマとしていいものだった。
アメリカが第2次大戦で資金繰りに苦慮していたとは、実際この映画を見るまではしらなかった。
もしかしたら、あの硫黄島の写真がなければ、原爆を2発も落とすことは出来なかったのかもしれないとか、そんなことを考えると、とても複雑な気持ちになったね。。。
しかし、たくさん人が死んで、かなりグロいシーンも満載。苦手な人は行かないほうがいいかもしれないね。。。「ガッツ」とか出てるから。。。あと爆発で体のパートが吹き飛んだり、かなり真剣にリアルで怖い・・
あんまりハッピーになれたり、エンジョイできたりする映画ではないよね。
[PR]
by inunohoshi | 2006-11-07 02:04 | 映画
おでんの具 たまごVSはんぺん
どっちかといわれればやっぱりたまごでしょうね。。。

セブンイレブンのおでんのキャンペーンで、具の人気1位を決定するっていうのをやってるんだけど、面白そうなので、TB参加してみる(笑)
決勝の1回戦ははんぺんVSたまご。
はんぺんは個人的に好きだけど、実家のおでんにはんぺんは入っていなかったような・・・。
っていうか、正確には かまくらはんぺんVSたまごなんだけど。
かまくらはんぺんって、ふつうのはんぺんとなんかちがうの?(笑)
それがわからん・・・
[PR]
by inunohoshi | 2006-11-01 02:25 | 日々のつぶやき
トップ