inunohoshi キーワード
ORANGE DAYS、新撰組、幕末、侍、鋼の錬金術師、K1、映画、旅行、柴咲コウ、小西真奈美、内田有紀、水川あさみ、大塚寧々、妻夫木聡、Canada、カントリー、NARUTO、るろうに剣心、長谷川遙、ハヤテのごとく!、桂ヒナギク
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
DVD 涙そうそう 
from よしなしごと
ブラザーズ・グリム:映画
from ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
嘘をもうひとつだけ(東野..
from 活字中毒のブックレビュー
ガンジス河でバタフライ ..
from 最新キーワードの情報収集・動..
ガンジス河
from 朝日ネット
長澤まさみ ガンジス河
from 芸能エンタの神様
ガンジス河
from 格安海外旅行
長澤まさみ×宮藤官九郎「..
from 地方の中規模印刷会社で苦悩す..
ボラット
from 辛口だけれど映画が好きです
レディインザウォーター
from 独断と偏見的映画感想
<   2006年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
K-1 REVENGE 2006 アンディフグ追悼
久々に試合中継をオンタイムで見れたよ。。。

ホンマンVSアケボノ
アケボノは大分体ができてきたよね、頭が小さくなった気がする(笑)確かに動きが大分よくなってきたけどね~でも常人以下だよね(汗)20Kgじゃなくて、せめて50kgくらいは落とさなきゃいけないんじゃないのかな。。。
この戦いの意味がわからないよ。。。

アーツVSグッドリッジ
私の中ではこれが一番メーンイベントだよ、どー考えてもBESTっていうわけっす。
アーツ調子いいよね~ここんところ。ハイキックとかもバンバン出せるようになって、超かっこいい(><)初めのころから応援してるからさ~もうすんごいコーフンしちゃうよ。
リタイアしないで、勝てない間も実戦を続けたのは本当になかなかできないことだと思うしさ~よかったと思うよ、本当に。ピーターの今年に期待!!

中迫VSブレギー
久々に見たなぁ、中迫。。。まあ、がんばってほしいとは思いますが、実力の差が明らかでしたねえ。ブレギー美しい!バランスもよくて、バネのような肉体でキレイな蹴り。トーナメントで一流選手とあたってるところが見てみたいね。

レミーボンヤスキーVSマイティモー
サモアンフックはなんか久々に見た気がするんだけど、すごいね~あれマジであたったら、脳が揺れるよね。レミー鋭い蹴り、正確なローでジワジワ攻めてて、確実性はあるのかもしれないけど、絶頂期の体のキレも勢いもない。。。なんか未消化な感じの試合だったなぁ。。。

ボビーオロゴンVS藤本
ボビーはやっぱりまだK1のマッチには早すぎ?PRIDEがTVないからK1に。。。って感じで決まったのかもしれないけど、ああいうファイトされたら藤本もやりにくいだろうねえ。。。(苦笑)
格闘センスはありそうだから・・・バラエティで食べられなくて、格闘かになるんならそれでもいいけどさ、もうちょっとまじめに修行してこいってかんじ?総合やればいいんじゃない?

武蔵VSフェイトーザ
空手家同士の戦い。フグの追悼にはもってこいな対戦ですな。。。
フェイトーザの足技を期待していたんだけど、意外とパンチがよかったね。でも一番意外だったのは武蔵が粘ったこと(笑)珍しく根性を見せてたよね、いい試合だった。
空手マッチだから、倒れたくなかったんだろうね。いつもこうであってほしい。
[PR]
by inunohoshi | 2006-07-31 00:09 | K1
DEATH NOTE 前編
ジャンプの人気漫画の映画化。
書き込んだ名前の人間に死をもたらすことができる死神のノート“デスノート”を手にした少年と、それを阻止すべく推理をする少年。。。
漫画はチラッとだけ読んだことあるんですけど、ロジッククイズみたいな推理ゲームみたいなものだった気が。
漫画ではそれを読み下すのが大変そうだなぁ。。っていう感じがあったんだけど、映画化されて、物語はもう少しわかりやすくなっている感じだね。
ストーリー自体は面白いんだよね、まあ他に類を見ない物語性があって、いい。
ただし、役者が。。。主演の藤原達也はすごい演技が際立っていて、主役級は確かに舞台系とか演技派が揃っているんですけど、脇役がひどい。。。エキストラ?みたいな人とか、なんか。。がっかりするよ。金かけなさ過ぎ。。。っつかなんだろう、もっと気を使ってほしいんだよね、そういうところにも、スクリーンで出す以上。
ああ、松山ケンイチ君はキモかったです(笑)(ほめ言葉です(笑))

しっかし。。お金出してみるほどの価値がないんじゃないの?っていう気がしてしまいました。
TVで観るならいいレベル?っていうかんじ(苦笑)
死神?リュークのCGとかはよくできています。
あとエンドロールが終わったあと、スクリーンと、館内放送まで(!)凝っていて、それは作り手の遊び心というか、そういうのが面白かったですけどね。
まあ、見てしまった以上後編も見なきゃなのかなと思いますけど、1800円は絶対払いたくない感じです。。。すみません。
[PR]
by inunohoshi | 2006-07-30 23:48 | 映画
ブレイブストーリー
宮部みゆき原作の長編ファンタジーのアニメ化。
この夏ジブリのゲド戦記と並ぶ邦画のアニメ大作だけど、映画としての完成度からいえば、こちらのほうが上かもしれないなぁ。。。
確かに原作と比べるとかなり見劣りするんだけどね、子供向けにまとめられたバージョンのブレイブストーリーっていう感じ。
現実世界でおきた辛い運命を変えるために、幻界(ビジョン)に旅に出て、運命の女神に願いをかなえてもらうというRPG的なファンタジー。
やはり2時間では尺が足りないっていう感じで、原作を読んでいないと、ビジョンの世界観とかその辺りが説明不足だった気もするし、旅を続けていく中での主人公亘の葛藤とか一番大事な部分が描ききれていなかったので、それは残念ですが、あくまで冒険のわくわく感といったところを見せるエンターテイメント作としてはうまくまとまっていたのでは?
子供向け、本当に。でも、キャラとしておためし鳥とかねじオオカミの子供とかかわいかったし(かわいくていいのか)伊藤四郎演じるラウ導師さまとかいい味出していたし(笑)「自分の望みをかなえるためなら、何をしてもいいの?」とわたるが悩む辺りも、子供に見てほしいところかも。
映画のクレジットに大極宮(大沢在昌、京極夏彦、宮部)が名を連ねているわりには、お粗末かなぁっていう気がしないでもないが。。まあお子様向けだし、2時間以内にまとめるためにこうなるのかなとも思う。あの原作のダークさというか、リアル過ぎて痛い具合をそのままアニメ化してしまうと、夏休みの子供向けアニメとは呼べなくなりそうだし(苦笑)
映画を読んで、原作のよさが際立った感じがしました。観てから読むといいかも。どうだろ。
[PR]
by inunohoshi | 2006-07-24 01:55 | 映画
ゲド戦記。試写会
一言でいうと難しいなぁ。。。昔のジブリ作品というよりは最近の難解な解釈の哲学的な作品という気がして、好き嫌いがはっきり分かれそうな感じ。
宮崎吾郎さんの初監督作品ですが、作画は誰が担当しているのかな?あまりよいとはいえなかった。。。
それと、ジブリ作品では主題歌が確かに毎回ヒットしているけど、今回明らかにそれを意識しすぎていないか?と。TVCMとかでもバンバン流されて、意識しているところがありありに見受けられると思うけど、それにしても、作品中あんなに時間をとるほどに意味があるものなのか、ちょっと疑問。友達もそういってました。
言いたいことはわかるんだけど、その表現したいものが、私には伝わってこなかった。
いい歌だっていうことだと思うけど、歌詞を映画のちらしに刷ってたりしてるし、なんだか、いい歌だって。。押し付けがましいような気すらしてしまって。。。
ゲド戦記のファンの人はあれはゲド戦記じゃないよっっていうと思う。わたしもまだ最後まで読めていないけど、3巻を中心に作られているってことなんだけど、出ている人アレン(岡田くん)とゲドがいるっていうだけで、内容は全然違うし。。。ええ~このキャラがこんな出方を?という感じもあって。
アレンが主役って言う捕らえ方なのかもしれないけど、あくまでゲド戦記の主役はハイタカ(ゲド)なんじゃないのか。。と思ってみたり。魔法の捕らえ方や、特に、作者に会いに行ったとき、作者が一番違和感を覚えたという、吾郎さんが書いた、ポスター絵に使われている、竜と少年の絵。私もそれにかなりの違和感を覚えたよ。。。
よく原作者はOKを出したなぁと。。。思わなくはない。。。
宮崎駿氏がデザインしたといわれるホートタウンの描写は確かにかなりジブリっぽいし、原作の雰囲気があっていいかなと思ったけど。。。
何かネガティブな意見しか出てこなくて、申し訳ない。。。
しかし、なんとか冷静に意見を書こうと2日くらいあけてみたけど、うーんやっぱりあまり評価は高くならないかなぁ。。。
まあそもそもゲド戦記自体、難解なところがあると、読んでいて思っているので、簡単な娯楽作には仕上がらないと思っていたけど、あまりにもわからなすぎるのではないかと思ってみたり。
そういうのが好きな人にはいいかもしれないけど。。。うーん。。どうかなぁ。。。
[PR]
by inunohoshi | 2006-07-21 02:31 | 映画
M:i:III
トムクルーズ主演のアクション大作の3作目、前評判はかなりよくって、トムの評判は落ちても映画は楽しめるっていうことだったんだけど。。。
確かにバチカンやら中国やら世界中を舞台にしたアクション超大作で、規模の大きなエンターテイメント作。

そんな歴史的建物に穴あけちゃっていいんすか。。。とかそういう現実論とは縁のない、考えずに見る作品よね。爆発とかアクションとかさすがにすごい。
トム、スタントをあまり使わずにやっているとかで、すごい迫力。死に物狂いっていう顔(笑)
息をつく暇もなく次々と続くアクションシーンの連続に、飽きることはないね。

ただ、トムの個人的な生活で、「結婚はすばらしい」っていう事なんだろうけれども、それをちょっと前面に押し出し過ぎっていうか、ちょっとうざい(苦笑)スパイ映画なんだから、その辺りはもうちょっと考えてほしかったけど、トム自身がプロデューサーでもあるので、どうしようもなかったんだろうけど。。。
ラストの辺りちょっと、え~~。って感じで?。
陳腐なテレビドラマ的な終わりかたっていうか(汗)

敵役のフィリップシーモアホフマン、あの曲者俳優が、意外に流した軽い演技で惜しかったなぁ。もっとねちっこくやってほしかったかも(笑)
まあ、でもアクション作だから、あんまり敵役のキャラがたってても駄目っていうことなんかねえ。

とにかくアクションとか娯楽な面では◎だけど、設定というか、イーサンハントの設定にはちょいがっかりした感じ。ていうか、IMFっていう組織的にそれでいいのか。。。っていうか本名で仕事かよ~。みたいな(笑)


 
[PR]
by inunohoshi | 2006-07-18 02:17 | 映画
トップ

Do you have a pride?
by inunohoshi