inunohoshi キーワード
ORANGE DAYS、新撰組、幕末、侍、鋼の錬金術師、K1、映画、旅行、柴咲コウ、小西真奈美、内田有紀、水川あさみ、大塚寧々、妻夫木聡、Canada、カントリー、NARUTO、るろうに剣心、長谷川遙、ハヤテのごとく!、桂ヒナギク
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
DVD 涙そうそう 
from よしなしごと
ブラザーズ・グリム:映画
from ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
嘘をもうひとつだけ(東野..
from 活字中毒のブックレビュー
ガンジス河でバタフライ ..
from 最新キーワードの情報収集・動..
ガンジス河
from 朝日ネット
長澤まさみ ガンジス河
from 芸能エンタの神様
ガンジス河
from 格安海外旅行
長澤まさみ×宮藤官九郎「..
from 地方の中規模印刷会社で苦悩す..
ボラット
from 辛口だけれど映画が好きです
レディインザウォーター
from 独断と偏見的映画感想
<   2005年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧
アカデミー賞発表
ヤラレター(・△・;
主演俳優はある程度予想通りジェイミーが取りました。
ま、主演と助演のダブルノミニーなんだから、一個くらいはあげとこうという感じ?
主演助演の俳優が両方黒人って言うのは珍しいんじゃないかな?

主演女優がヒラリースワンク…。
この人って、ボーイズのときもそうだけど、男っぽいのがいいのか?
よくわからない。作品見てないし、たぶんみないし(苦笑)

監督、作品がイーストウッドっていうのはちょっとねー。
アカデミー協会のイーストウッド好きっていうか、
レオナルド嫌いっていうか。

結局殆どイーストウッドに もってかれたーって 感じかな。

どうなんだろう…。
なんか納得いかん。っていうか…うーん…納得いかん。
[PR]
by inunohoshi | 2005-02-28 14:08 | 映画
アカデミー速報 助演
モーガンフリーマンとケイトブランシェット。
どっちも色々な作品に出ているからね~。
でも、フリーマンはミリオンダラーベイビーでの受賞か。
ハリウッドって、イーストウッド好きだしねぇ…作品的にというか、個人的にイーストウッドがあまり好きじゃない。
中高年には☆って感じなのかしら。
フリーマンはいい役者サンなので、反論はありません。

ケイトブランシェット作品に恵まれている感じします。
でも、時代ものが多いよね、古いタイプの正統派美人って感じだからかな。

主演男優はジェイミーかジョニーかなぁ。
主演女優はやっぱケイト?
作品はアビエイターかなぁ…ヒューズへのリスペクトとスコセッシの力。ハリウッドすきそうな感じ。
[PR]
by inunohoshi | 2005-02-28 12:43 | 映画
ラジー賞
予想通り、ブッシュとライスでしたね。
でもキャットウーマンは意外という感じもしなくもない。
だって、もっとヒドイ映画あるよね~ま、確かにハルベリーのスタイル以外見るところなかったけどさ(^ー^;
[PR]
by inunohoshi | 2005-02-28 12:36 | 映画
アレキサンダー
伝説の英雄、マケドニアのアレキサンダー大王の東征。
オリバーストーンらしく、長く、戦争シーンも多く、重い。
神懸り的快進撃で東へ東へと進んで行くが、やがて隊の中は望郷の念が強くなり、兵たちの心は、アレキサンダーから離れていくという。
神のようなアレキサンダーと凡人の兵士達の違い。どうしても、相容れない点。そこが彼の不幸だったところ。a0015954_1421211.jpg
この映画では、アレキサンダーはバイセクシャルとして描かれてマス。
彼の右腕であり、生涯の友、ヘファイスティオン(名前覚えにくっ!(笑))との愛。
さすがに、あきらかな描写は(キスさえしなかった!)避けられているけど、かなり間違いなく、バイって言うかむしろゲイがつよい人として描かれてる。
どうなんだろうね…。当時としてはまあ、めずらしくなかったみたいなんだけどね。

アンジェリーナジョリーがヘビ好きな、魔性の女ちっくな母、王妃オリンピアを演じてるけど、コリンファレルの母にアンジェリーナというのはちょっと配役に無理があるなぁ…。
並んでいると恋人くらいにしか見えん…。色っぽ過ぎる<アンジェリーナ

長い映画。3時間を越える上映時間、ちょっと覚悟が必要か(笑)

ところで、私はコリンのルックスはあまり好きではない。なんかこう濃すぎる感じ?
何故にああもてるのかが今もって謎だが…それはさておき、コリンに金髪はいかがなものか…。
ていうか、アレキサンダーって金髪なのか??
それを差し引いてもコリンはマケドニア人ぽく見えないよね…。なんていうか、どっちかっていうと北方系の顔じゃない?彼って元々何系なのかな…アイリッシュ?
[PR]
by inunohoshi | 2005-02-25 00:25 | 映画
K1 MAX 日本トーナメント
終わってみれば、結局コヒ。
っていうか、今のジャパンに対抗出きる人いないんだよね、唯一面白いと思ったKIDが怪我で欠場しちゃうし。
HAYATOは前評判とかいいんだけどね。結局だめだったし、武田は…なんだか情けない。
練習の時、キックし過ぎての、怪我だしね…全盛期のキレがないよね。
キックしても自滅じゃあ仕方ない。

エキシビジョンであった、クラウスとプアカーオが一番面白かったと思う。
日本の選手達と差があるよねェ…。
コヒは最後、ラッキーキックで勝ったけど、あれで自信をつけて頑張って欲しいと思う。
精神的弱さを克服できれば、彼はもっと強くなれると思うよ…多分。
[PR]
by inunohoshi | 2005-02-24 01:52 | K1
ボーンスプレマシー
今回は前回の続きで、正体不明の敵に、恋人マリーを殺されてしまうし、ヨーロッパで起きた事件の犯人としてでっち上げられ、CIAからも追いまわされる。

a0015954_18104984.jpg
自分は誰なのか、何をしたのか、なぜ追われるのか。
今回もこのテーマ、健在。

でもジェイソンは強いっ。地元の警察が束になって追っかけても、CIAだろうが、国境警備隊だろうが、さっくり逃げちゃうし、いろんな国を転々するけど、入国管理とか、地元警察の権威とか完全にないも同然(笑)
まあ、ちょっとさすがにありえないだろう~っていう突っ込みたいところもしばしば。
例えば、だいたいそんな高度なレベルの殺し屋「ボーン」が、現場に指紋を残していくか?
ありえないだろう、それを本気で信じるCIAってどうよ…。
それに気づいたのが、新米っぽい捜査官一人で・・・しかも殺されちゃうし(ーー;

ただボーンの格闘と、カーチェイスセンスは尋常じゃないので、ハラハラしつつも見とれてしまうかも。
(個人的にはフルー発症時に見ていたので、カーチェイスのグルグルが気持悪かったりもした(爆))

物語的には最後結ロシアに行っての彼の行動が、ポイントかなぁ。。。。
「ジェイソンボーン」は殺戮だけのために訓練されたマシンだったのか、いい人なのか、それともマリーとの出会いが彼を変えたのか…。
流れからいうと、最後?

最後のシーンでは、新たな謎の手がかりが、リークされました、これで3作目があるのは確実。(原作も三部みたいだし?)

マットはかっこよい◎。この間見たオーシャンズでの坊ちゃんぶりと全然違うので、面白い
(ちなみに↑の写真はアヒル顔でイマイチ(爆))
[PR]
by inunohoshi | 2005-02-21 18:11 | 映画
流行の先端。ですけど。
インフルエンザ。かかってしまった。
しんどいよーー。(;_;)

流行ってるらしいです。皆さんも注意してください。
まじでツライよ。
[PR]
by inunohoshi | 2005-02-21 00:41 | 日々のつぶやき
バレンタイン。 と ジーン。
愛の日ですよ。
愛。
しっかしなんていうか、まぁ。。。今の相手と付き合いだしてから、こういう行事ごとがきらいになりかけ。
ってか、こういうイベントん時、いっつも凹む羽目になるんだよね。
忙しいとか、金がないとか、なんか情けなくて涙出て来るっつーの。
しかも、忙しいったって、仕事じゃないからね。言っててネガになるから言いたくないけどさ…。
はぁ。年相応、まっとーな人とつきあいたいよ。

そんなこんなで「不機嫌なジーン」
泣きそうだった~。
ジーンのつらさがガンガン来たよ。一人暮らしで、親からの電話にうるってなっちゃう時って
1度や2度あるんじゃないかなぁ…。
せつねー。

で、情けないケンイチ君。
器量が狭いのぅ。。。と。男としてどうよ?
と思いつつ、でも、彼の気持ちもちょっと分かる。
「僕とてんとう虫、どっちが大事なの?」
永遠のテーマだよね。ケンカのね。
「わたしと○○どっちが大事?!」
でも、聞くのは馬鹿げているって、冷静に考えると分かるんだけど、
分かるんだけど、
心情がね。どうしても、そこに行っちゃうキモチ分かるなぁ…
んでもって、そんなことをききたくなる(答えもわかってるのに)自分に
より一層凹んだりするわけだよ。
これまた切ない。
わたしもてんとう虫以下だからなぁ…。
[PR]
by inunohoshi | 2005-02-15 02:10 | 日々のつぶやき
オペラ座の怪人。
観てきた。ものすごく空いている映画館で(笑)
やっぱ映画は場所と内容を見てシアターを選ぶべきだよねん♪

さて、映画は、オペラ座の怪人=ファントムが自分の醜さに対するコンプレックスと、相手を想う気持ちの間で板ばさみとなって、狂気に走ってしまう。
愛を知らずに育った、彼の悲しい運命だよね、悲劇のラブストーリー。
舞台では想像するしかない見れない世界観も、映画では映像で表現されていて、舞台とは違う意味で魅力があるよね。
ただし、あくまでミュージカルとして描かれているので、歌も重要な要素だから、物語はゆっくり進んでいくので、ミュージカルとか、お芝居になれていない人は、途中でちょっと退屈してしまうかも。。もちろん、歌も衣装もすごくすごくキレイだし圧倒されるんだけど…。
女の人はうっとりって感じかなぁ。
そういう意味で、好き嫌いがはっきりしそうな感じかなぁ。
[PR]
by inunohoshi | 2005-02-12 01:49 | 映画
WJ今週のNARUTO と 竹の塚(爆)
竹の塚歌劇団@SMAXSMA きた~~!!
わたしの一番好きなコントなんだけど。
ひさびさにやってくれた。
「男って何2005」(爆)
木村くんはけしょー似合うねえ~(笑)目がキラキラしちゃって、でもってかっこいいから余計笑える(笑)
今回は真琴つばさが出ていて、最後羽根背負って踊って歌いましたからね~まさかやるとは…(笑)
宝塚的にはNGじゃないのかと思ったけど(笑)
すげーホンモノだよーーー!!って思った。


WJは立ち読み(笑)
だって~NARUTOしか興味ないんだもん。
先週はNARUTO二部開始で表紙&巻頭カラーだったから、買っちゃったけどね。
今回カカシかわい~(≧▽≦)ノ
あんまりかわいいんで、にんまりしちゃって、コンビニで立ち読みしたあと、顔が笑っちゃって大変だった(笑)アヤシイねえちゃんだった。
いや、でも出たばかりの26巻、1部終了が、暗かっただけに、こういうの嬉しい。

a0015954_2175586.gif鋼の錬金術師に続いて、「大人買い」したNARUTOにすっかりはまってます
そんなわけで、NARUTOか鋼を語れる常識ある大人のお友達を募集中デス(笑)
[PR]
by inunohoshi | 2005-02-08 02:13 | バラエティ
トップ