inunohoshi キーワード
ORANGE DAYS、新撰組、幕末、侍、鋼の錬金術師、K1、映画、旅行、柴咲コウ、小西真奈美、内田有紀、水川あさみ、大塚寧々、妻夫木聡、Canada、カントリー、NARUTO、るろうに剣心、長谷川遙、ハヤテのごとく!、桂ヒナギク
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
DVD 涙そうそう 
from よしなしごと
ブラザーズ・グリム:映画
from ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
嘘をもうひとつだけ(東野..
from 活字中毒のブックレビュー
ガンジス河でバタフライ ..
from 最新キーワードの情報収集・動..
ガンジス河
from 朝日ネット
長澤まさみ ガンジス河
from 芸能エンタの神様
ガンジス河
from 格安海外旅行
長澤まさみ×宮藤官九郎「..
from 地方の中規模印刷会社で苦悩す..
ボラット
from 辛口だけれど映画が好きです
レディインザウォーター
from 独断と偏見的映画感想
カテゴリ:未分類( 4 )
ゾディアック
サンフランシスコで実際に起きた殺人事件を題材に描かれたものなのだけど、私はこの原作になる、主人公の男性が執筆している本も読んでいなくて、事件のこともあまり知らなかったので、逆に楽しめたかも。
3時間という長い映画だけど、意外と飽きることなく、集中して見れた気がするね。
これはシリアルキラーの怖い映画っていうよりは、その事件を追い続ける男たち、犯人に、事件に?振り回されることによって、人生がおかしくなってしまう人たちの物語かも。
事実に基づいて、淡々と進んでいく感じで、こちらも推理していくような気持ちになるので、そういう意味でも、原作読まずに見たほうが面白いと思われる。
結果知ってたら、過程が退屈になっちゃいかねないからね。
俳優達が超有名じゃないんだけど、意外とどっかで見たことある役者が揃っていて、TVシリーズに出てた人だったり、あ~そういえばあのアカデミー作に出てた人だ!とか。
ちからある俳優達が揃っている感じで、なかなか面白い。
殺人鬼の出すメッセージに飲み込まれ、取り憑かれ、人生を狂わされていく感じが、怖いようで興味深いようで。
ある意味、この作者含め、刑事も、記事を書いていた記者たちも、この殺人犯ゾディアックの犠牲者なんだろうなぁ。。。と思った。

ところで、映画途中で気になっていたんだけど、あの2番目のおじさんはどうなったん、あいつは犯人じゃないの?なんなの?あの超怪しい感じはどうなの?
家に帰った後、推理は別のほうにいってしまったけど、それでいいの?そこんところ、気になってしょうがない。(私もはまった?w)
[PR]
by inunohoshi | 2007-07-02 02:18
春眠暁を覚えず。
なんだか朝起きるのってすごい苦手なんだけど。
この間まで海外行ってたの。めちゃめちゃ汗かいて、風呂入って、がーっと寝て、すっきり目覚めて。そんな生活していたからさ、日本に帰ってきて、なんかダルダルなんだよね。
目が覚めないときってみんなどうしてるだろう、私はやっぱシャワー浴びたり?熱いのを浴びたらさすがにしゃきっとするよね。
あとオレンジジュース。テレビをみてるうちに目が覚めてくる感じかな。
朝ごはんは食べないんだけど、オレンジジュースか、グレープフルーツジュースは必ず飲む。
朝はチーズとかたまごがいいらしいけどね。
最近朝早起き
して過ごす人が結構増えているらしいよね、あたしの友達にもそういう人いるんだけど。
5時とかに起きて、色々やってから、会社にいったりするらしい。
健康的ではあるんだな。そういう人向けにポータルもあるらしいよ。朝時間.jpっていうサイトだけど、目覚め術、朝ごはんのレシピ、365日の朝のコトバなどコンテンツ載ってるらしい。
ここまでくると、もうカルチャーだよね。。。早起きライフスタイル(笑)ちょっと驚き。
[PR]
by inunohoshi | 2007-03-05 01:55
手紙、試写
東野圭吾のベストセラー映画化。
主演が山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ。
殺人を犯し、無期懲役で服役中の兄と、その弟の手紙のやり取りを通して、話は始まるんだけど、兄が殺人犯であるがゆえに、世間からの誹謗や中傷を受けなければならない弟のつらい生活が、淡々と描かれていて、でもその彼がお笑い芸人志望で、随所に笑えるシーンも含まれていて、単に単調に終わっていないのがよかった。
本当にツライだけだと、重すぎて見れないかも。。。。
でも、何年たっても、どこまで行っても、兄が殺人を犯したということがついて回って、弟は本当に厳しい状況に追い込まれていくんだけど、一方の兄は、刑務所という隔離されたところにいるので、確かに反省もすれば、つらい思いもするんだけど、本当に弟が、いったい外の世界でどういうことになっているのかを、知ることがなく、そして、そのある種無邪気さが、さらに弟を傷つけ、重荷となっていく。
山田君の演技がかなりよかったなぁ。。。
ネタばれしたくないんだけど、途中、勤める会社の偉い人が、不当な扱いを受ける彼に語って聞かせることがあって、それが結構痛かった。。。痛いけど、それが現実なのかなぁと。。。
だけど、そうなんだよね、自分が起こした罪によって、家族や近い人間、大事にしたい人にも迷惑をかけ、つらい思いをさせる、その痛みこそが、罪であり、罰であり、犯罪者が背負っていかなければならないものなのかなと。
オブラートに包まず、中途半端に嘘っぽくハッピーエンドにしないあたりが、よかった。
最後にかけて、めちゃめちゃ泣けちゃったけど。。。
今回Gyaoのオンライン試写というやつだったので、家で号泣しながら今見終わったんだけど、映画館だったら、大変だね(笑)。
でも泣けるだけじゃなくて、色々考えるし、いい映画。
アカデミー会員だったら、まずこれを押すな(笑)
[PR]
by inunohoshi | 2006-10-29 19:04
輪舞曲
このドラマ…また韓流ブームに乗ったのが来たよ…
って、韓流に全く興味がない私は思っていたんだけど、なんかみちゃうなぁ・・
チェジウってやっぱキレイだし…竹の内って憂いある顔が似合うね。
ところで、先週みなかったんだけど、もこみちって出てなかったっけ?このドラマ?そのあたりはどうなったんだろう。。。?と思いながら観た今週。
石橋凌は渋いね~。

今シーズン、なかなかよさそうなドラマがあるんだけど、仕事が忙しくって21時までに帰宅できないんだよね…不本意だ…そんな仕事に命かける気はないんだけどね。
[PR]
by inunohoshi | 2006-01-29 22:02
トップ