inunohoshi キーワード
ORANGE DAYS、新撰組、幕末、侍、鋼の錬金術師、K1、映画、旅行、柴咲コウ、小西真奈美、内田有紀、水川あさみ、大塚寧々、妻夫木聡、Canada、カントリー、NARUTO、るろうに剣心、長谷川遙、ハヤテのごとく!、桂ヒナギク
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
DVD 涙そうそう 
from よしなしごと
ブラザーズ・グリム:映画
from ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
嘘をもうひとつだけ(東野..
from 活字中毒のブックレビュー
ガンジス河でバタフライ ..
from 最新キーワードの情報収集・動..
ガンジス河
from 朝日ネット
長澤まさみ ガンジス河
from 芸能エンタの神様
ガンジス河
from 格安海外旅行
長澤まさみ×宮藤官九郎「..
from 地方の中規模印刷会社で苦悩す..
ボラット
from 辛口だけれど映画が好きです
レディインザウォーター
from 独断と偏見的映画感想
2005年 07月 17日 ( 1 )
BATMAN BEGINS
バットマンシリーズ最新作、大金持ちのブルースウェインがバットマンとなる過程を描く。
シリーズを通して観ている人だったら、結構よく知るアイテム、コスチュームやバットカー、ウェイン家の秘密基地?とかバットマンのサインとかがどうやって作られていったのかが、描かれていて、ほぉ~これが、ああ繋がるのね~と。もはやSWシリーズに通じるような、マニアックな話の伸ばし方。シリーズものの王道と言うか。
渡辺謙さん、日本ではものすごい話題になっていて、プレミアなんかでも、すごいインタビューで出てたし、主演級のスターがこぞってお世辞を述べていたけど、あまり大した出演ではなかった(汗)…残念。
まあ、アメリカでは殆ど知名度もないしね…でも、そのわりにエンドロールでの扱いはよかったなぁ…。
映画自体は長い、2時間半?予告編とかいれると三時間近いんじゃないかな。ブルースの両親の死から、それを乗り越える試練、バットマンとして確立されるまで、ということで、かなりしっかりたっぷり描かれてる。
心情的な部分もあるし、アクションもあるし、カーアクションもかなり派手。
マイケルケインが良い味出していたなぁ…。
汚職にまみれた警官達の中、唯一味方の刑事役、ゲイリーオールドマンは、なんとなく今までとイメージが違った感じ。
アクションはお金もかかってるんだろうし、CGもすごくて、作りこまれてて、迫力はかなりあるんですけど、あまりにすごくて、なにがどうなってんだかよくわかんない状態になっていたなぁ…と個人的にちょっとついて行けなかった感が少しあり。
全体的には、エンターテイメント性の高い映画だと思うけど、CG的にいうと、マトリックスの分かりやすく美しいものには及ばず、ストーリー的にはスパイダーマンに及ばず…(主演の俳優の差…?(汗))と、他のアメコミ作品と比べてちょっと下かな~?(厳しい?)
[PR]
by inunohoshi | 2005-07-17 02:31 | 映画
トップ