inunohoshi キーワード
ORANGE DAYS、新撰組、幕末、侍、鋼の錬金術師、K1、映画、旅行、柴咲コウ、小西真奈美、内田有紀、水川あさみ、大塚寧々、妻夫木聡、Canada、カントリー、NARUTO、るろうに剣心、長谷川遙、ハヤテのごとく!、桂ヒナギク
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
DVD 涙そうそう 
from よしなしごと
ブラザーズ・グリム:映画
from ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
嘘をもうひとつだけ(東野..
from 活字中毒のブックレビュー
ガンジス河でバタフライ ..
from 最新キーワードの情報収集・動..
ガンジス河
from 朝日ネット
長澤まさみ ガンジス河
from 芸能エンタの神様
ガンジス河
from 格安海外旅行
長澤まさみ×宮藤官九郎「..
from 地方の中規模印刷会社で苦悩す..
ボラット
from 辛口だけれど映画が好きです
レディインザウォーター
from 独断と偏見的映画感想
2005年 02月 12日 ( 1 )
オペラ座の怪人。
観てきた。ものすごく空いている映画館で(笑)
やっぱ映画は場所と内容を見てシアターを選ぶべきだよねん♪

さて、映画は、オペラ座の怪人=ファントムが自分の醜さに対するコンプレックスと、相手を想う気持ちの間で板ばさみとなって、狂気に走ってしまう。
愛を知らずに育った、彼の悲しい運命だよね、悲劇のラブストーリー。
舞台では想像するしかない見れない世界観も、映画では映像で表現されていて、舞台とは違う意味で魅力があるよね。
ただし、あくまでミュージカルとして描かれているので、歌も重要な要素だから、物語はゆっくり進んでいくので、ミュージカルとか、お芝居になれていない人は、途中でちょっと退屈してしまうかも。。もちろん、歌も衣装もすごくすごくキレイだし圧倒されるんだけど…。
女の人はうっとりって感じかなぁ。
そういう意味で、好き嫌いがはっきりしそうな感じかなぁ。
[PR]
by inunohoshi | 2005-02-12 01:49 | 映画
トップ