inunohoshi キーワード
ORANGE DAYS、新撰組、幕末、侍、鋼の錬金術師、K1、映画、旅行、柴咲コウ、小西真奈美、内田有紀、水川あさみ、大塚寧々、妻夫木聡、Canada、カントリー、NARUTO、るろうに剣心、長谷川遙、ハヤテのごとく!、桂ヒナギク
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
DVD 涙そうそう 
from よしなしごと
ブラザーズ・グリム:映画
from ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
嘘をもうひとつだけ(東野..
from 活字中毒のブックレビュー
ガンジス河でバタフライ ..
from 最新キーワードの情報収集・動..
ガンジス河
from 朝日ネット
長澤まさみ ガンジス河
from 芸能エンタの神様
ガンジス河
from 格安海外旅行
長澤まさみ×宮藤官九郎「..
from 地方の中規模印刷会社で苦悩す..
ボラット
from 辛口だけれど映画が好きです
レディインザウォーター
from 独断と偏見的映画感想
2004年 11月 01日 ( 1 )
新選組  油小路事件。
ついにまた一人。
源さんが口にしたこと、そのまま。a0015954_049241.jpg
平助…悲しい立場だったねえ…。最後までなんとか生き延びさせようとした試衛館メンバーに、それでもあえて戦いを挑み、刃を向けた。
それはそれで、平助の正義というか、存在意義みたいなものだったんじゃないかなぁ…。

ところで、平助の最期のシーンは、勘太郎さんの独壇場ですが、刺されて「うっ」ってなるシーンが、歌舞伎の見栄みたいになってたね。
をを~歌舞伎役者だなぁ~と思ってしまった。
悲しいシーンだったけど、そんな事を..。

伊東さんも、最期悪い人じゃない部分が描かれてたね。
結局は世を憂い、新しい世界を夢見る人だった。
ただ、他の人と同じではなく、あいいれなかったのが悲劇。
近藤さんとも和解で別れると…実際はそうではなかったかもしれないけど。

前の観柳斎の回にしてもそうだけど、あえて憎まれ役で終わらせない、
それぞれに生きる道があったのだという、こと?
救いを残すというか。

そのあたりに、三谷さんのこだわりを感じる。
[PR]
by inunohoshi | 2004-11-01 00:48 | ドラマ
トップ