inunohoshi キーワード
ORANGE DAYS、新撰組、幕末、侍、鋼の錬金術師、K1、映画、旅行、柴咲コウ、小西真奈美、内田有紀、水川あさみ、大塚寧々、妻夫木聡、Canada、カントリー、NARUTO、るろうに剣心、長谷川遙、ハヤテのごとく!、桂ヒナギク
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
DVD 涙そうそう 
from よしなしごと
ブラザーズ・グリム:映画
from ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
嘘をもうひとつだけ(東野..
from 活字中毒のブックレビュー
ガンジス河でバタフライ ..
from 最新キーワードの情報収集・動..
ガンジス河
from 朝日ネット
長澤まさみ ガンジス河
from 芸能エンタの神様
ガンジス河
from 格安海外旅行
長澤まさみ×宮藤官九郎「..
from 地方の中規模印刷会社で苦悩す..
ボラット
from 辛口だけれど映画が好きです
レディインザウォーター
from 独断と偏見的映画感想
嘘をもうひとつだけ 東野圭吾


嘘をもうひとつだけ

ミステリーはよく読むけど、この東野圭吾の作品は普通のミステリーとはいつも一味、ふた味違いますね。
この「嘘をもうひとつ」は短編集で、練馬警察の加賀刑事のかかわるオムニバスなんですけど、この作品中では、犯人視点で描かれているというのが、すごい珍しい。
犯人には大体いろんな事情があって、やむにやまれぬ悲しい事情があるんですが、この加賀刑事というのがとにかく粘着質で、本当にいやらしい。
刑事側視点から描けば、優秀な男なんでしょうけど、犯人視点で読み進めると、この加賀っておとこが本当にむかつくというか、気持ち悪いというか、ほんっとに嫌な男です。(笑)
頼まれていないのに捜査してんじゃないよ、とか。プライバシーの侵害で上司に訴えてやるぅ!とか。イライラします。(笑)
そういう気持ちにさせるっていうことが、この東野圭吾という作者のすごいところだなと思います。
[PR]
by inunohoshi | 2007-05-09 01:43 | 読書
<< マ王:お嬢様とは仮の姿 花よりもなほ >>
トップ

Do you have a pride?
by inunohoshi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧