inunohoshi キーワード
ORANGE DAYS、新撰組、幕末、侍、鋼の錬金術師、K1、映画、旅行、柴咲コウ、小西真奈美、内田有紀、水川あさみ、大塚寧々、妻夫木聡、Canada、カントリー、NARUTO、るろうに剣心、長谷川遙、ハヤテのごとく!、桂ヒナギク
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
DVD 涙そうそう 
from よしなしごと
ブラザーズ・グリム:映画
from ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
嘘をもうひとつだけ(東野..
from 活字中毒のブックレビュー
ガンジス河でバタフライ ..
from 最新キーワードの情報収集・動..
ガンジス河
from 朝日ネット
長澤まさみ ガンジス河
from 芸能エンタの神様
ガンジス河
from 格安海外旅行
長澤まさみ×宮藤官九郎「..
from 地方の中規模印刷会社で苦悩す..
ボラット
from 辛口だけれど映画が好きです
レディインザウォーター
from 独断と偏見的映画感想
どろろ
手塚治虫原作の漫画の映画化。
最初この映画化の話を聞いたとき、正直えっ?!て思ったんだけど。。。アニメの映画化、邦画のファンタジーってあまり今までにいいイメージがないから、妻夫木聡と柴咲コウが主演というだけでも豪華だけど。。せっかくの人気のある二人だけに、チャレンジだなぁ~って思ったよね。
どろろは前に読んだことがあったので、あれの映画化というのはかなり難しそうだなぁと。。。特にどろろは3頭身くらいのサイズで男か女か分からない汚い子供っていう設定で、それが物語でもキーになっていたので、それを柴咲コウでいいのかなぁ。。っていうか、実写では再現不可能なキャラだと。
実際見てみての感想は、予想外によかった!
去年のアニメ、「ブレイブストーリー」や先日の「エラゴン」でも思ったんだけど、長編ファンタジーの映画化って難しいんだよね、主人公達が時間をかけて成長して行ったり、関係を深めていったり、そういう部分を2時間ちょっとの枠の中で、いかに描くかっていうところが、難しい。
今作では複数の魔物を倒す中で、いくつかはさっと流さなくちゃいけないんだけど、それが普通より丁寧に作りこまれていて、特撮も、アクションも、笑いまで入ってて、適当に時間の経過をダイジェスト風に作るのではなく、きちんと描かれていたことがよかった。
妻夫木は結構陰のある百鬼丸を美しく演じてて、脇を固める役者、中村嘉葎雄 、原田芳雄 、中井貴一も渋い感じで、アニメの映画化っていう適当感を感じなかった。
ちょっと長めの上映時間だけど、途中飽きることなく、よいテンポでの進み具合。
難があったのは、一番最初の魔物の出てくる店?あのダンスはちょいと。。。必要だったのかも謎。他の流れとか雰囲気ともそぐわない気が。それと、セットがちゃちかった。。。ロケーションよかったのに、セットいまいちって悲しい。
あとどろろ。。どろろはやっぱ無理だなぁ。。まああの役は実写じゃむりかなぁ。。。コウちゃんどんな汚くしてもキレイだし、女にしか見えないし。。。なにより、無理やりな汚い言葉遣いが。。似合わないというか、でも誰にだったら出来るのか、想像もつかないけど。。
ただ、結局怒って泣いて、不貞腐れて。。っていうのが、あまりに「柴咲コウ」の型にはまってしまっていてザンネンだった。。。
全体としてファンタジー作品の映画化としては成功だと思う。合格ライン超えていると。(ってえらそうだし)
[PR]
by inunohoshi | 2007-02-12 02:51 | 映画
<< 春眠暁を覚えず。 マリーアントワネット >>
トップ