inunohoshi キーワード
ORANGE DAYS、新撰組、幕末、侍、鋼の錬金術師、K1、映画、旅行、柴咲コウ、小西真奈美、内田有紀、水川あさみ、大塚寧々、妻夫木聡、Canada、カントリー、NARUTO、るろうに剣心、長谷川遙、ハヤテのごとく!、桂ヒナギク
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
DVD 涙そうそう 
from よしなしごと
ブラザーズ・グリム:映画
from ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
嘘をもうひとつだけ(東野..
from 活字中毒のブックレビュー
ガンジス河でバタフライ ..
from 最新キーワードの情報収集・動..
ガンジス河
from 朝日ネット
長澤まさみ ガンジス河
from 芸能エンタの神様
ガンジス河
from 格安海外旅行
長澤まさみ×宮藤官九郎「..
from 地方の中規模印刷会社で苦悩す..
ボラット
from 辛口だけれど映画が好きです
レディインザウォーター
from 独断と偏見的映画感想
Xmen3
前評判ではすごい!と聞いていたんだけど、アメリカで大ヒットした理由がわかるな、という感じ。日本でも果たして受けるのかどうかは微妙?
文化的背景がちがうから、アメリカで受けた最大の理由である、差別とかマイノリティ感覚が伝わらないかも知れないね。
映画が長く感じられてしまったのは、映画自体の中だるみというよりは、隣りに座ったマナー知らないのガキのせいかもしれないけど。。。
マグニート役のイアンマッケラン サー、へんてこな被り物をかぶって威厳を保てる数少ない俳優といわれてたけど、やっぱかなり変。。(笑)
あの被り物、デザインなんとかならないの?(笑)イアンのつぶらな瞳と無表情な(ある意味すっとぼけた風にも。。)顔とあいまって、かなーりおかしい(笑)
特に車を磁力で掴んで投げるシーン、かなりわらいいをこらえるのがつらかった。怖いはずなんだけど、なんていうかかわいいんだよね。ぜひ注目してほしい。(笑)
さて、この作品の隠れた主題というか、ミュータントは人間に脅威を持たせるものとして、「治す」という言葉を使うんだけど、ミュータントって病気なの?治さなきゃいけないもの?みたいなことで、ミュータントたちの反感を買うわけなのだけど。
アメリカでは日常的にある、差別というものが、ここで強く絡んでいて、メッセージ性を持っているんだね、例えば肌の色が違うことが悪いことなのか、黒人だから、アラブだから、危害を加える「危険な」存在なのか?
人種のマイノリティから、またゲイやレズビアンなどのセクシャルマイノリティなど、差別を受けている人からしたら、ミュータントを応援しちゃうわけよね。
だから、人間に戦いを挑むマグニート側が、完全に悪とは言い切れないわけで・・(まあ戦いという形を選ぶのがいいかどうかは別だけど。。)
あと、前回、みんなを助けるために犠牲になった。。はず?のジーンがものすごい形で帰ってきます。ええ?そうなの?って感じが。。。
ラストシーン、とても気になるよね。。。本当にこれがシリーズ最終なのかな??この映画もエンドロール後のシーンがある、席を立たないように。。。って最近多いね、こういうの。
映画館で見て、国際線の某飛行機でも見たんだけど、スクリーンで見たほうが面白いと思うよ。。。
[PR]
by inunohoshi | 2006-10-01 23:15 | 映画
<< ザ センチネル 僕達の戦争 >>
トップ

Do you have a pride?
by inunohoshi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧