inunohoshi キーワード
ORANGE DAYS、新撰組、幕末、侍、鋼の錬金術師、K1、映画、旅行、柴咲コウ、小西真奈美、内田有紀、水川あさみ、大塚寧々、妻夫木聡、Canada、カントリー、NARUTO、るろうに剣心、長谷川遙、ハヤテのごとく!、桂ヒナギク
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
DVD 涙そうそう 
from よしなしごと
ブラザーズ・グリム:映画
from ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
嘘をもうひとつだけ(東野..
from 活字中毒のブックレビュー
ガンジス河でバタフライ ..
from 最新キーワードの情報収集・動..
ガンジス河
from 朝日ネット
長澤まさみ ガンジス河
from 芸能エンタの神様
ガンジス河
from 格安海外旅行
長澤まさみ×宮藤官九郎「..
from 地方の中規模印刷会社で苦悩す..
ボラット
from 辛口だけれど映画が好きです
レディインザウォーター
from 独断と偏見的映画感想
日本沈没
CGとかVFXがすごく話題になってたけど、映画としてどうなんだろう。。ってちょっと不安もあり、あまり期待しないで見に行ったんだけど、なかなかよかった。
日本が沈んでしまうという事態に直面したとき、人の受け止め方というのは、やはり様々なんだね。自分だけは助かりたいと暴動的な態度に出る人、また愛するもの達に囲まれて、ともに終わりを迎えたいと静かに思う人。
津波や地震、地割れや噴火などのCG,特殊効果も確かに迫力があってすごいんだけど、それよりも、そういった人々の姿を描かれているのが、すごく印象的。
周りを押さえる役者がそういう意味でいい味を出してる。
大切な人を守るため、一緒に生き延びる道を選ぶのか、それとも自己犠牲の道を選ぶのか。
スケールが大きすぎて、現実に「日本沈没」は想像外だけど、地震とか災害ってきっと起きるものだという気がするので、そのとき、人はどうするのかなとおもってみたり。
みっちー(及川光博)が珍しく?思いっきり男っぽい役を演じてて、本人も役作りに苦労したって何かの番組で言ってたけど、やっぱり色黒で男っぽいミッチーに違和感は覚えつつも(笑)いい感じの存在感だったね。
柴咲コウは、もうなんか、殺人的にかわいい(笑)レスキュー隊員のアクションもこなしてて、かっこいいし。。
主演剛より別にいなかったのかなぁ…小野寺が似合いそうな人が他にいたような気がする。
最近多い、戦争の映画、自分の命をかけて国を守る、大切なものを守る。そういう特攻などの精神を思い出したね。日本らしい考え方なのかなぁ。。こういうところに共感を覚えるのは、日本人だから?
清々しいというか、こてこてのヒーロー映画っていう感じではなくて、思ったよりもいい映画だった。
[PR]
by inunohoshi | 2006-08-13 02:18 | 映画
<< ちかまろ@キラキラ☆アフロ パイレーツカリビアン2 >>
トップ