inunohoshi キーワード
ORANGE DAYS、新撰組、幕末、侍、鋼の錬金術師、K1、映画、旅行、柴咲コウ、小西真奈美、内田有紀、水川あさみ、大塚寧々、妻夫木聡、Canada、カントリー、NARUTO、るろうに剣心、長谷川遙、ハヤテのごとく!、桂ヒナギク
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
DVD 涙そうそう 
from よしなしごと
ブラザーズ・グリム:映画
from ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
嘘をもうひとつだけ(東野..
from 活字中毒のブックレビュー
ガンジス河でバタフライ ..
from 最新キーワードの情報収集・動..
ガンジス河
from 朝日ネット
長澤まさみ ガンジス河
from 芸能エンタの神様
ガンジス河
from 格安海外旅行
長澤まさみ×宮藤官九郎「..
from 地方の中規模印刷会社で苦悩す..
ボラット
from 辛口だけれど映画が好きです
レディインザウォーター
from 独断と偏見的映画感想
サウンドオブサンダー
2004年の冬同じようにタイムとラベルを題材にした映画があったよね。タイムラインだっけ。
あんな感じかなぁと思ってみたんだけど。。。実は今日ははしごする中で軽く見れるものをということで、シャーリーズセロンのイーオンフラックスと迷った末にこっちを見たんだけど。。。失敗だったかも(^^;)

近未来が舞台で、タイムトラベルを開発した会社が恐竜の時代に金持ちの客を連れて行き、絶滅寸前の恐竜を撃ち殺して喜ばせるという。。。その過程で何かの過ちを起こしてしまい、現代にその影響が時間波?として現れ、不気味な進化を遂げた恐竜の生き残りみたいなモンスターが町を席巻するという。。。話。

私はそんなにCGとかSFXとかにこだわるほうではないんだけど、それでもこれはひどかった。
ちょっとどうかと思ったのは、いまハリウッドでどの映画でもやってるいわゆるブルースクリーンっていうやつ?俳優たちがブルースクリーンで歩いている演技をして、背景に入れ込んだ未来都市と合成するっていう、いわば初歩的な合成なんだけど、あってない。。。あってなさ過ぎる。
俳優が下手なのか、特撮のアーティストがお粗末なのか、いずれにせよ目を覆いたくなるというのはこういうことかと。。。

そもそもSFなので、話の矛盾に突っ込んではいけないとは思うが、それにしてもなんというか、話に説得力がないというか、そもそも過去に起こしてしまったことの影響が目に見える波となって表れるとか、それが24時間毎?変わっていくということも、さっぱり理解できず。
話の頭のほうで、主人公の科学者が、お客さんの娘と寝るのもまったく必然がなく、ナンセンス。

ストーリーに期待できないこういう作品では、せめて映像に期待したいものだけど、それも期待できないという。。。私が映画館で見た作品の中で、もっとも評価しがたい作品だったよ。。。
[PR]
by inunohoshi | 2006-03-26 04:07 | 映画
<< ブロークバックマウンテン K1 in オークランド >>
トップ