inunohoshi キーワード
ORANGE DAYS、新撰組、幕末、侍、鋼の錬金術師、K1、映画、旅行、柴咲コウ、小西真奈美、内田有紀、水川あさみ、大塚寧々、妻夫木聡、Canada、カントリー、NARUTO、るろうに剣心、長谷川遙、ハヤテのごとく!、桂ヒナギク
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
DVD 涙そうそう 
from よしなしごと
ブラザーズ・グリム:映画
from ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
嘘をもうひとつだけ(東野..
from 活字中毒のブックレビュー
ガンジス河でバタフライ ..
from 最新キーワードの情報収集・動..
ガンジス河
from 朝日ネット
長澤まさみ ガンジス河
from 芸能エンタの神様
ガンジス河
from 格安海外旅行
長澤まさみ×宮藤官九郎「..
from 地方の中規模印刷会社で苦悩す..
ボラット
from 辛口だけれど映画が好きです
レディインザウォーター
from 独断と偏見的映画感想
フライトプラン
亡くなった旦那さんの遺骸を連れ、米国の実家に帰国するため、娘を連れて飛行機に乗った。少し眠って目が覚めると娘がいなくなっていることに気づく。
空港でも一度女の子がいなくなって、ちょっと神経質じゃない?この母親の反応もちょっとオーバーじゃないの?って気が。。。まあだんなさん亡くなっていろいろ不安定なんだろうけど。。。でもその不安定さがいい伏線になっている感じ?
。。。でも自分が飛行機に乗っているときって、移動したりってあまりしないから、あまり考えたことがなかったんだけど、結構隠れようと思えばいろいろあるのかなぁと、特にジャンボの場合。
でも本当に機内の日頃出てこないところがいろいろ出てきて、へ~こうなってるのかって楽しみも。

しかし、ジョディ演じる母は強いよね。あの行動力はちょっと怖いもん(笑)機械室というか電気系統をいじって、キャビンの電気を消したり、エアマスクを出したりして、正直客席をパニックに陥れているし、下手するとショック死する人もいかねないからね(笑)どうなの?って思った(笑)

で、ネタとしては同じく子供がいなくなって、誰も証人がいないっていう、去年ジュリアンムーアのフォーガットンであったようなびっくりネタなのか(笑)それとも、本当に主役の女性の被害妄想?と思いながら見てたけど、結局はそのどちらでもなかったね。なるほど。という結末ではあったけど、もうちょっと説得力があってもよかったかなぁと思ってみたり。

アメリカの911以来のテロに対する恐怖というか、不審というのがありありと表れていて、人種差別につながったり、いろいろあるんじゃないの?というのが見て取れるけど、最後のシーンのところで、私も一緒に行った友達も納得できない!というシーンが。あれはリアルなのかもしれないけど、人間として問題あるんじゃないの?と。

この作品はプレミアの記者会見も飛行機の中で行われたり、と結構こだわりを感じてたんだけど、前売りチケットがボーディングパスそっくりなデザインになっていて、そのあたり、宣伝の企画にこだわりを感じたね。
[PR]
by inunohoshi | 2006-03-05 17:41 | 映画
<< 県庁の星 K1 MAX 日本トーナメント >>
トップ