inunohoshi キーワード
ORANGE DAYS、新撰組、幕末、侍、鋼の錬金術師、K1、映画、旅行、柴咲コウ、小西真奈美、内田有紀、水川あさみ、大塚寧々、妻夫木聡、Canada、カントリー、NARUTO、るろうに剣心、長谷川遙、ハヤテのごとく!、桂ヒナギク
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
DVD 涙そうそう 
from よしなしごと
ブラザーズ・グリム:映画
from ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
嘘をもうひとつだけ(東野..
from 活字中毒のブックレビュー
ガンジス河でバタフライ ..
from 最新キーワードの情報収集・動..
ガンジス河
from 朝日ネット
長澤まさみ ガンジス河
from 芸能エンタの神様
ガンジス河
from 格安海外旅行
長澤まさみ×宮藤官九郎「..
from 地方の中規模印刷会社で苦悩す..
ボラット
from 辛口だけれど映画が好きです
レディインザウォーター
from 独断と偏見的映画感想
SAYURI
全米ベストセラーの小説Memoirs of a Geisha の映画化。
以前からスピルバーグが映画化するすると言われてて、やっと実現したっていう鳴り物の映画なんだけど、日本では評判今ひとつなのよね。。。
やはり外国人から観た日本観っていうのが如実に現れていて、あれだけ日本のキャストが揃っているのに、日本らしくなくて、なんだか中国っぽかったり。
着物の着こなしは本当に日本人として、着物を昔よく着ていた人間にとってはもう耐えられないほどのひどさ(苦笑)
何故日本のスタイリストというか、着物の着付け師などいなかったのだろうか、というくらいひどい。。。確かに桃井かおりとか、主役の子供時代「千代」を演じた女の子は綺麗に着こなしていたんだけど。。。チャンツィーとか、ミシェルヨーとか、外国人の女性は着物に着慣れないせいか、とにかくひどい。。。桃井さんも何とかいってあげればいいのにって感じ(苦笑)
日舞とか、三味線とか、芸妓の魂って言うか一番肝心なところ?芸術的な部分っていうところだと思うんだけど。ひどいなぁ。。。って感じで。
渡辺謙さんかっこよかった。役所さんの激しい役どころって言うのもあまりないなぁって逆に新鮮。
しかし、芸者は娼婦ではなく、芸術を極めたものであるって言うテーマ的なものが伝わっているのか不明。
日本で日本人が作ってほしかったかなぁ。。。日本語で。。。
描かれている世界観というかテーマとか、原作、脚本、それに役者はいい、日本から出ている役者もかなりの実力派揃いだし。。。なんで、こういう拝啓、衣装なんかにとらわれたり、字幕を通したりするのはもったいない。
日本環境でリメイクできたらもっと素晴らしいものができるんじゃないかなぁ。。。
[PR]
by inunohoshi | 2006-01-16 02:27 | 映画
<< 輪舞曲 ハリーポッターと炎のゴブレット >>
トップ