inunohoshi キーワード
ORANGE DAYS、新撰組、幕末、侍、鋼の錬金術師、K1、映画、旅行、柴咲コウ、小西真奈美、内田有紀、水川あさみ、大塚寧々、妻夫木聡、Canada、カントリー、NARUTO、るろうに剣心、長谷川遙、ハヤテのごとく!、桂ヒナギク
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
DVD 涙そうそう 
from よしなしごと
ブラザーズ・グリム:映画
from ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
嘘をもうひとつだけ(東野..
from 活字中毒のブックレビュー
ガンジス河でバタフライ ..
from 最新キーワードの情報収集・動..
ガンジス河
from 朝日ネット
長澤まさみ ガンジス河
from 芸能エンタの神様
ガンジス河
from 格安海外旅行
長澤まさみ×宮藤官九郎「..
from 地方の中規模印刷会社で苦悩す..
ボラット
from 辛口だけれど映画が好きです
レディインザウォーター
from 独断と偏見的映画感想
星になった少年
ゾウの調教師、ゾウ使いを目指してタイへ留学した少年の実話ストーリー。ゾウ好きの私としてははずせまい(笑)
ゾウとのふれあいもモチロンながら、彼と彼の母親、義理の父親などとの家族の問題や、愛もテーマ。
ゾウは、遠くはなれていても、仲間が危険な目にあっていたりすると分かるということで、実際にもすごく仲間同士で助け合い、強い絆を結ぶんだよね。日本では学校でいじめられていた哲夢も、タイで修行するうち、母親と離され孤独で頑なな子ゾウや、ゾウ使いの仲間達と繋がりを築いていく。だけど日本に帰って、一番身近なはずの自分の家族との愛情表現が苦手で、うまくいかないというところが、切なかった。
タイでも現地の生活になじまず、ゾウとのコミュニケーションもうまくいかない哲夢を仲間がからかうんだけど、からかいながらもはげますというか、なんとなくタイの人ってあったかいイメージがあるんだよね。仏教の国の人だからかなぁ。
ただし、その時に悪戯で仲間が告げる「神様のお告げ」が、真実になってしまうのがとても切ない…(T△T)。
柳楽くんは、本当になんだかスクリーンでオーラがある…目がいいんだなぁ…なんだか。
お母さん役の常盤貴子もよかったなぁ。最後の屋根の上のシーン泣けちゃいましたね。。
動物で泣かせる映画に、泣かされるのはちょっといやな感じもあったんだけど、ゾウのおかげかほわっと暖かな気持ちにもなれ、「あの」柳楽くんの主演作。動物ものの感動作、そして、フジテレビでの冒険王をからめてのプッシュ攻撃に逆に醒めちゃってる人も多いと思うけど、実際私も思ったけど(笑)それをおいといて、ちょっと見て欲しいかな。そんな先入観を捨て去って、もっと自然にいい映画じゃない?
最後に、モデルになった哲夢くんの実の弟さんが、ゾウ使いをされていると聞いて(この映画のゾウ指導をされていたらしい)なんだかちょっと嬉しかった(^^)
[PR]
by inunohoshi | 2005-08-29 02:05 | 映画
<< 9月公開映画どうしようかなぁ。 恐るべし、昼ドラ。 >>
トップ