inunohoshi キーワード
ORANGE DAYS、新撰組、幕末、侍、鋼の錬金術師、K1、映画、旅行、柴咲コウ、小西真奈美、内田有紀、水川あさみ、大塚寧々、妻夫木聡、Canada、カントリー、NARUTO、るろうに剣心、長谷川遙、ハヤテのごとく!、桂ヒナギク
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
DVD 涙そうそう 
from よしなしごと
ブラザーズ・グリム:映画
from ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
嘘をもうひとつだけ(東野..
from 活字中毒のブックレビュー
ガンジス河でバタフライ ..
from 最新キーワードの情報収集・動..
ガンジス河
from 朝日ネット
長澤まさみ ガンジス河
from 芸能エンタの神様
ガンジス河
from 格安海外旅行
長澤まさみ×宮藤官九郎「..
from 地方の中規模印刷会社で苦悩す..
ボラット
from 辛口だけれど映画が好きです
レディインザウォーター
from 独断と偏見的映画感想
鋼の錬金術師 シャンバラを逝く者
相変らず子供向けとはいえないだろう的な映画。
アニメシリーズから二年後という設定で、扉のあちら側に残ったアルフォンスと、こちら側第二次世界大戦目前のミュンヘンにいるエドワード。
ネタバレが怖くてあまり語れませんけども。
戦争を視野に入れて、力を手に入れる為、あちらの世界「シャンバラ」理想郷へと続く扉を開こうとするという軍隊。
アニメ終了後に予想していたのと似たような展開になっていて、もとホムンクルス班から、エンヴィーとか、ラースとか、アノキャラがでてまして・・・。
ミュンヘン側では、そっくりさんという設定で、色んなキャラが使いまわされ(笑)
便利だなぁ…と(汗)
いい人役に、ええ~あの人が~みたいな設定も。
とくにヒューズさんどうかなぁ…と正直思ったんだけど。しかもあんな役かよ…と。
もうひとつ納得いかなかったのはやっぱエンディングかね。
エドのとった選択に…納得がいかず。その後の展開も…え、ええ~~?みたいな。
でも、全体的には笑えるし、楽しかったと思う。
遠慮なく人が死ぬし、血も流れるので、子供向けではないと思う。

(以下 強烈にネタバレと毒を含む)

その…お互い離れている二年間の間に、エドとホーエンハイムの間に何かしらんが通い合うものがあったのだろうか…なければあの展開はちょっと納得いかないね。
いきなりお父さんを助けるか?
でも、あの特製義手、義足を見る時のエドワードの目は複雑そうだったもんねえ…。
軍部というか、マスタング氏の扱いはちょっとひどいかも…と思ってたんだけど…仮にもイシュバールの英雄ですよ、彼は(苦笑)人が死んだからってトラウマ抱えてショボンってなってる場合か。ていうか、あれじゃあ、ヤオイ趣味の同人作家どもに迎合していると取られても文句言えないだろ(苦笑)
ラースの話はもちょっと考えてほしかったよね。
どうして唐突にあんなとこに出て来て、んでどうして唐突に自己犠牲か?!
ミュンヘンのアルフォンスも扱いがヒドイ。エドも酷いけど、制作陣鬼だね。
ウィンリィはほんとにかわいそうだ。ひどい。
でも、オートメイルがいきなりぴったりなのはちょっといくらなんでも不自然では??だって成長したエドなんて想像つかないってば普通(爆)
すいません毒はきました(笑)
[PR]
by inunohoshi | 2005-08-01 03:06 | 映画
<< ちょい気になる かみちゅ K1 hawaii >>
トップ