inunohoshi キーワード
ORANGE DAYS、新撰組、幕末、侍、鋼の錬金術師、K1、映画、旅行、柴咲コウ、小西真奈美、内田有紀、水川あさみ、大塚寧々、妻夫木聡、Canada、カントリー、NARUTO、るろうに剣心、長谷川遙、ハヤテのごとく!、桂ヒナギク
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
DVD 涙そうそう 
from よしなしごと
ブラザーズ・グリム:映画
from ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
嘘をもうひとつだけ(東野..
from 活字中毒のブックレビュー
ガンジス河でバタフライ ..
from 最新キーワードの情報収集・動..
ガンジス河
from 朝日ネット
長澤まさみ ガンジス河
from 芸能エンタの神様
ガンジス河
from 格安海外旅行
長澤まさみ×宮藤官九郎「..
from 地方の中規模印刷会社で苦悩す..
ボラット
from 辛口だけれど映画が好きです
レディインザウォーター
from 独断と偏見的映画感想
SHALL WE DANCE?
リチャードギアとジェニファーロペス。ギアの奥さんにはスーザンサランドン。かなりビッグネーム揃い。
テーマは同じなんだけど、キャストとロケーションが変わるとこうも変わるものか…という感じ。
日本版で役所さんがかもし出していた、場違いで、おどおどしていて、情けないおっさんの雰囲気が有りません(笑)
リチャードギアはどうもそれには色男過ぎ(笑)役柄も弁護士だし(遺言専門とはいえ)。チャーミングなんだもんどう見たって。。
タキシードにリボンをかけたバラ、なんてものがフツーに似合ってしまうんだから(^^;
あと日本版より、奥さんとのラブラブにスポットがあたっていたような。
終盤そちらの方に力入ったあたりで、ちょっとギアの色男ぶりを強調しすぎというか、いくら外国の夫婦だからって…という感じで、ちょっときもかった(汗)(すみません、ギア様ファンのおばさま方<劇場に多かった…)
あんな年の娘息子がいたら、さすがにあれはやり過ぎのような…どうよ?(^^;
あと気になったのが、ジェニファーロペス。日本版では草刈民代さんがひっそりとした、影のある役を演じてたけど、ロペスはなんてったってセクシー過ぎ。ダンスシーンも情熱的過ぎるというか…アメリカでのボールルームダンスってあんな雰囲気?って思っちゃうよね(実際違うと思うけど..)
(ロペスはダンスシーンで下着をつけていないので、ちょっとセクシー過ぎる感じになっていたような(汗))
ま、そのような突込みどころも満載ながら、日本版と切り離してみれば、なかなか笑えて面白いかも。
(あ、それを書いていて気付いたもう一点…面白い場面、予告編で切り取りすぎ(苦笑)1回見ちゃってるから笑いが…。予告編としては面白くなっているかもしれないけど)
ギアのせいか、日本版に比べて、奥様うけする内容になっているかもしれませぬなぁ。
[PR]
by inunohoshi | 2005-04-28 02:13 | 映画
<< K1 ラスベガス 『夢で逢いましょう』#2 『離... >>
トップ