inunohoshi キーワード
ORANGE DAYS、新撰組、幕末、侍、鋼の錬金術師、K1、映画、旅行、柴咲コウ、小西真奈美、内田有紀、水川あさみ、大塚寧々、妻夫木聡、Canada、カントリー、NARUTO、るろうに剣心、長谷川遙、ハヤテのごとく!、桂ヒナギク
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
DVD 涙そうそう 
from よしなしごと
ブラザーズ・グリム:映画
from ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
嘘をもうひとつだけ(東野..
from 活字中毒のブックレビュー
ガンジス河でバタフライ ..
from 最新キーワードの情報収集・動..
ガンジス河
from 朝日ネット
長澤まさみ ガンジス河
from 芸能エンタの神様
ガンジス河
from 格安海外旅行
長澤まさみ×宮藤官九郎「..
from 地方の中規模印刷会社で苦悩す..
ボラット
from 辛口だけれど映画が好きです
レディインザウォーター
from 独断と偏見的映画感想
世界で一番パパが好き。
ベン・あごわれ・アフレックとケヴィンスミスの映画。
NYのマンハッタンで音楽業界のTOP宣伝マンとして活躍する男性が、結婚し、子供が生まれるという幸せの絶頂で、出産時に妻を亡くしてしまい、傷つき、仕事でも大失敗をして、故郷のニュージャージーへかえって、父親と暮らす。
子供を育てて、7年、今でもNYの華やかな生活を夢見て暮らすオーリーが、一人の女性と出会い、NJでの生活を望む娘との対話を通して、悩む姿が描かれる。
単に子育ててで悩むだけでなく、自分が年を重ね、家庭を持つことで、全てが自分が夢見た通りにだけは生きていけなくなるというか。自分の望むことだけで生きていけなくなっている。そして、自分の望むままだけに、生きていく事が果たして幸せなのか..。
意外と難しいテーマだけど、きっとみんな大なり小なりかかえる、ぶつかる問題と思うんだけどね。
オーリーの出す結論は…ってよめるかもしれないけど…。
ま、定番な感じのハートウォーミングストーリー。

監督ケヴィンスミスはアフレックとは「ドグマ」や「チェイシングエイミー」で一緒にやってきた仲間。
撮影当時はらぶらぶだったらしい、主人公のベンアフレックと死んじゃう奥さん役のジェニロペ。アルマゲドンのリブタイラーが、NJの生活で出て来る年下の相手役だし、お友達のマットデイモンもちょろりと出てます(笑)公私混同ですか?と突っ込みたくなるような配役で、批評家受けはよくなかったみたいだけどね(苦笑)。
ちょっと笑えて、泣けて、見終ると心が温かくなるようなキュートな映画。そういうのが観たい人にはいいと思う。
[PR]
by inunohoshi | 2005-04-14 01:50 | 映画
<< 夢で会いましょう/汚れた舌 『美女缶』 >>
トップ