inunohoshi キーワード
ORANGE DAYS、新撰組、幕末、侍、鋼の錬金術師、K1、映画、旅行、柴咲コウ、小西真奈美、内田有紀、水川あさみ、大塚寧々、妻夫木聡、Canada、カントリー、NARUTO、るろうに剣心、長谷川遙、ハヤテのごとく!、桂ヒナギク
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
DVD 涙そうそう 
from よしなしごと
ブラザーズ・グリム:映画
from ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
嘘をもうひとつだけ(東野..
from 活字中毒のブックレビュー
ガンジス河でバタフライ ..
from 最新キーワードの情報収集・動..
ガンジス河
from 朝日ネット
長澤まさみ ガンジス河
from 芸能エンタの神様
ガンジス河
from 格安海外旅行
長澤まさみ×宮藤官九郎「..
from 地方の中規模印刷会社で苦悩す..
ボラット
from 辛口だけれど映画が好きです
レディインザウォーター
from 独断と偏見的映画感想
ブリジットジョーンズの日記。
前作で付き合う事になったブリジットとマーク。その6週間後ラブラブな状態から今回は始まるんだけど、ブリジットの妄想爆裂っぷりがすごいです(笑)
一見良識派の弁護士マークもかなりヤバイ(笑)
いきなりサウンドオブミュージックばりにピクニックで登場したり、全編バカップルぶりが炸裂。
そして秘書へのヤキモチという定番的な流れで揉めていくんですけど、まぁ、これが通常だと勘違いの一言で片付くんだけど、これがただそれだけじゃないところがBJのすごいところで(笑)
とにかく通常じゃ考えられない展開が面白い(笑)
しかも、なんとなく現実にありそうなシチュエーションといそうな女性っていうところがこのBJのすごいところ。
主演のレネはこの役をする為に何キロも体重を増やしたということで、BJの苦悩にリアリティのある、ぽっちゃり系の女性にしあがっている。服の趣味もかなりやばいし(笑)
しかし、マークって、ブリジットのこと好きでバカップルなのはいいんだけど、はっきりいって結婚してうまくはいかないんじゃないのかなぁ。。。て思っちゃった。
生活観、育ってきた環境で身についた、世間に対する考え方の違いって大きいような…つきあって行く時ってそういうこと、大きいよね。
らぶらぶだけでは乗り越えていけないような…って、まあ映画だし、現実的になる必要はないんだけどね(笑)
私だったらヒューグラント演じるダニエルとだったらどっちを取るかなぁ…。
とにかく笑えます。笑いすぎて飲んでいたジンジャエール吹き出したし。
とりあえず、そう、ハッピーな気持ちになれる映画。
[PR]
by inunohoshi | 2005-04-08 00:52 | 映画
<< 平川地一丁目 原爆はエンターテイメントではない。 >>
トップ