inunohoshi キーワード
ORANGE DAYS、新撰組、幕末、侍、鋼の錬金術師、K1、映画、旅行、柴咲コウ、小西真奈美、内田有紀、水川あさみ、大塚寧々、妻夫木聡、Canada、カントリー、NARUTO、るろうに剣心、長谷川遙、ハヤテのごとく!、桂ヒナギク
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
DVD 涙そうそう 
from よしなしごと
ブラザーズ・グリム:映画
from ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
嘘をもうひとつだけ(東野..
from 活字中毒のブックレビュー
ガンジス河でバタフライ ..
from 最新キーワードの情報収集・動..
ガンジス河
from 朝日ネット
長澤まさみ ガンジス河
from 芸能エンタの神様
ガンジス河
from 格安海外旅行
長澤まさみ×宮藤官九郎「..
from 地方の中規模印刷会社で苦悩す..
ボラット
from 辛口だけれど映画が好きです
レディインザウォーター
from 独断と偏見的映画感想
ボーンスプレマシー
今回は前回の続きで、正体不明の敵に、恋人マリーを殺されてしまうし、ヨーロッパで起きた事件の犯人としてでっち上げられ、CIAからも追いまわされる。

a0015954_18104984.jpg
自分は誰なのか、何をしたのか、なぜ追われるのか。
今回もこのテーマ、健在。

でもジェイソンは強いっ。地元の警察が束になって追っかけても、CIAだろうが、国境警備隊だろうが、さっくり逃げちゃうし、いろんな国を転々するけど、入国管理とか、地元警察の権威とか完全にないも同然(笑)
まあ、ちょっとさすがにありえないだろう~っていう突っ込みたいところもしばしば。
例えば、だいたいそんな高度なレベルの殺し屋「ボーン」が、現場に指紋を残していくか?
ありえないだろう、それを本気で信じるCIAってどうよ…。
それに気づいたのが、新米っぽい捜査官一人で・・・しかも殺されちゃうし(ーー;

ただボーンの格闘と、カーチェイスセンスは尋常じゃないので、ハラハラしつつも見とれてしまうかも。
(個人的にはフルー発症時に見ていたので、カーチェイスのグルグルが気持悪かったりもした(爆))

物語的には最後結ロシアに行っての彼の行動が、ポイントかなぁ。。。。
「ジェイソンボーン」は殺戮だけのために訓練されたマシンだったのか、いい人なのか、それともマリーとの出会いが彼を変えたのか…。
流れからいうと、最後?

最後のシーンでは、新たな謎の手がかりが、リークされました、これで3作目があるのは確実。(原作も三部みたいだし?)

マットはかっこよい◎。この間見たオーシャンズでの坊ちゃんぶりと全然違うので、面白い
(ちなみに↑の写真はアヒル顔でイマイチ(爆))
[PR]
by inunohoshi | 2005-02-21 18:11 | 映画
<< K1 MAX 日本トーナメント 流行の先端。ですけど。 >>
トップ