inunohoshi キーワード
ORANGE DAYS、新撰組、幕末、侍、鋼の錬金術師、K1、映画、旅行、柴咲コウ、小西真奈美、内田有紀、水川あさみ、大塚寧々、妻夫木聡、Canada、カントリー、NARUTO、るろうに剣心、長谷川遙、ハヤテのごとく!、桂ヒナギク
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
DVD 涙そうそう 
from よしなしごと
ブラザーズ・グリム:映画
from ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
嘘をもうひとつだけ(東野..
from 活字中毒のブックレビュー
ガンジス河でバタフライ ..
from 最新キーワードの情報収集・動..
ガンジス河
from 朝日ネット
長澤まさみ ガンジス河
from 芸能エンタの神様
ガンジス河
from 格安海外旅行
長澤まさみ×宮藤官九郎「..
from 地方の中規模印刷会社で苦悩す..
ボラット
from 辛口だけれど映画が好きです
レディインザウォーター
from 独断と偏見的映画感想
マイボディガード
まず長い…長いねえ…。3時間弱?首が疲れた(笑)
デンゼルワシントンと、ダコタファニングの組み合わせ、泣かせるんだろうなって思ってたけど、泣かなかった。
隣りに座ってた女の子はずっと泣いてたけど。。。
軍の特殊部隊で、人を殺し続けたことに対する罪悪感から、酒におぼれ、人を遠ざけて暮らす男が、ボディーガードという仕事を通して、一人の少女と知り合い、人のかかわりの暖かさを取り戻していくという話です。
最初は少女のことも冷たく突き放すんですけど、やがて少女の存在が彼の孤独を癒していく。実際二人がだんだん近くなっていく様はほほえましい。
大切な人を守るっていうキャッチコピーが有ったけど、守ると言うより、復讐っていうかなんていうんでしょうね。元特殊部隊だけあって、執拗で、怖い。
メキシコでは誘拐とか、警察の不正がふつーに横行しているらしいとは聞くけど、まじで怖いよね。警察が信じられなかったらどうするんだろう…って思うと背筋が寒くなる。
心の孤独と、愛、戦いの映画だね。
けして軽い内容じゃないけど、けして救われないという内容でもない、悲しい結末のような気もするけど、主人公は実は幸せだったと私は思う。
[PR]
by inunohoshi | 2005-01-21 01:21 | 映画
<< Mの悲劇 不機嫌なジーン >>
トップ